ファーウェアのアップデート方法

以下の手順に従いファームウェアをアップデートしてください。

必要なもの

  • 製品本体
  • microUSBケーブル
  • Windows 10もしくはLinux(Ubuntu 18.04)がインストールされたPC

1. 各種ドライバ・ソフトウェアのインストール

※既にドライバ・ソフトウェアがインストール済みの場合は以下の作業は不要です。

  • USBドライバ

    こちらを参考にUSBドライバをインストールしてください。
  • USB IC用ユーティリティソフト

    Windowsの場合

    詳細(クリックで開く)
    本製品はファームウェアを書込み可能状態とするためにFTDI社のUSBシリアル変換ICのユーティリティソフト"FT_PROG"が必要です。
    下記のサイトからソフトウェアをダウンロードしインストールしてください。
    https://www.ftdichip.com/Support/Utilities.htm#FT_PROG
    "clicking here"からダウンロードできます。
    ※本ソフトを利用するためにはMicrosoft .NET Framework 4.0が必要です。

    Linux(Ubuntu)の場合

    詳細(クリックで開く)
    本製品はファームウェアを書込み可能状態とするためにFTDI社のドライバと"ftx-prog"というソフトが必要です。
    以下のコマンドによりドライバのインストールと"ftx-prog"をコンパイルできます。
    sudo apt-get install build-essential gcc make libftdi-dev zip unzip wget
    wget -q -O tmp.zip https://github.com/richardeoin/ftx-prog/archive/master.zip && unzip tmp.zip && rm tmp.zip
    cd ftx-prog-master
    make
  • ファームウェア書込み用ソフト

    本製品に搭載しているSTMicroelectronics社のマイコンへの書込み用ソフト"STM32CubeProg"が必要です。 下記のサイトからソフトウェアをダウンロードしインストールしてください。
    https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubeprog.html
    ※本ソフトウェアをダウンロードするためにはmySTへの登録(無料)が必要です。

2. ファームウェア書込みモードに変更

  1. 製品にケーブルが接続されている場合、全て抜きます。

  2. 製品にUSBケーブルを挿します。
    USB LED(黄緑色)が点灯していることを確認してください。点灯していない場合、USBから電源が供給されていません。

    Windowsの場合

    詳細(クリックで開く)
    1. FT_PROGを起動し、"EEPROM"タブを選択→メニューの"DEVICES"→"Scan and Parse"を選択します。 2. 認識後、画面左の"Device Tree"から、"Hardware Specific"→”CBUS Signals"を選択し、画面右の”C0"のセレクトボックスから"Drive_1"を選択します。 3. メニューの"DEVICES"→"Program"を選択します。 4. Program Devicesウィンドウの"Program"ボタンをクリックし、数秒待ちます。(左下のメッセージ欄に"Finished Programming"→"Ready"と表示されます) 5. "Close"ボタンをクリックしProgram Devicesウィンドウを閉じます。
    ※"FT_PROG"でUSB設定を書き換えるとCOMポート番号が都度変更されます

    Linux(Ubuntu)の場合

    詳細(クリックで開く)
    1. "ftx-prog"をコンパイルしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを打ちます。
    sudo ./ftx_prog --cbus 0 Drive_1

  3. 製品からUSBケーブルを一旦抜き、再度挿します。Firmware write LED(赤)が点灯していることを確認します。
    点灯していない場合、USB ICへのプログラムに失敗している可能性があります。再度やり直してください。

3. ファームウェアの書込み

GUIによる書込み

  1. STM32CubeProgを起動し、製品のマイコンに接続する

    1. 右上のインターフェース欄から"UART"を選択します。
    2. 適切なCOMポートを選択します。
    3. “Baudrate"欄は115200、“Parity"はEvenを選択します。
    4. “Connect"ボタンを押します。 製品が認識され、右上に"Connected"と表示されます。
  2. 製品のファームウェアを消去する

    1. 左上のメニューバーを開き、“Erasing & programming"を選択します。
    2. 中央の"Erase flash memory"タブの"Full chip erase"ボタンを押します。
      確認画面が表示されたらOKを押します。
  3. 製品にファームウェアを書込む

    1. “Browse"ボタンを押し、ダウンロードしたファームウェア(拡張子:.bin)を選択します。
    2. “Verify programming"にチェックが入っていることを確認します(入っていなければチェックを入れます)
    3. “Start Program…“ボタンをクリックするとファームウェアの書込みが開始されます。
    4. 書込み・Verify後(環境によりますが1分ほどかかります)、“File download complete"と"Download verified successfully"というメッセージウィンドウが表示されるのでOKを押します。
  4. マイコンの接続を解除する

    1. 右上の"Disconnect"ボタンを押します。

    CUIによる書込み

    root権限で以下のコマンドを実行することで上記GUI書込みと同様に書込みできます。 なお、ファームウェア書込みソフトSTM32_Programmer.sh、ファームウェア〇〇.binのディレクトリ、およびUSBポート番号は各自の環境に合わせ書き換えてください。

    /usr/local/STMicroelectronics/STM32Cube/STM32CubeProgrammer/bin/STM32_Programmer.sh --connect port=/dev/ttyUSB0 br=115200 --erase all --write /home/USERNAME/mc-uep100_v1-0-0.bin 0x08000000 --verify

4. ファームウェア書込みモードを戻す

ファームウェア書込みモードに変更したものを元の通常動作モードに戻します。

Windowsの場合

詳細(クリックで開く)
  1. FT_PROGを起動し、“EEPROM"タブを選択→メニューの"DEVICES"→"Scan and Parse"を選択します。
  2. 認識後、画面左の"Device Tree"から、“Hardware Specific"→”CBUS Signals"を選択し、画面右の”C0"のセレクトボックスから"Drive_0"を選択します。
  3. メニューの"DEVICES"→"Program"を選択し、Program Devicesウィンドウの"Program"ボタンをクリックします。書込み完了後、“Close"ボタンをクリックしProgram Devicesウィンドウを閉じます。

Linux(Ubuntu)の場合

詳細(クリックで開く)
  1. "ftx-prog"をコンパイルしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを打ちます。
    sudo ./ftx_prog --cbus 0 Drive_0

製品からUSBケーブルを一旦抜き、再度挿します。Firmware write LED(赤)が消灯していることを確認します。
消灯していない場合、USB ICへのプログラムに失敗している可能性があります。再度やり直してください。